心理学や医療系の資格勉強は専門学校で学ぶことができる

専門知識を身につける

男女

手に職をつけたいなら医療系の専門知識を身につけよう

手に職をつけて働きたい人や専門性の高い仕事に就きたいという人の増加から医療系の資格への注目が高まっています。
特に女性の場合には結婚や出産などライフスタイルに変化が起こりやすく、子育てなどから仕事を離れてからのブランクが出てしまう人も多く、いざ働きたいときになかなか仕事が見つからずに苦労する人が多い現状があります。仕事に復帰するときや職場でのキャリアアップのために資格を取得すると有利に働きます。特に医療系の資格は景気に左右されずに働ける職場が多いことから、安定して仕事をしたい女性に注目されています。

いろいろな方法で勉強できる

資格は国家資格と民間資格に大きく分けることができます。
医療系の国家資格には、医師や薬剤師、そして看護師などがありそれぞれ大学や専門学校に進学し国家資格を取得してから働くことができます。(医師の場合には国家資格取得後にさらに研修期間が必須となっています。)
民間資格には、医療事務や調剤薬局事務などがあります。
医療系の資格は数多くありますが、法律の規定にない資格の場合には専門学校や通信講座を利用して学んだり独学も可能です。すでに現場で働いていて専門用語などがわかるという場合には独学でも資格の取得はしやすくなりますが、はじめて学ぶというときには専門学校や通信講座を利用して学んでいくことがおすすめです。

資格を取得すれば就職・転職に有利

国家資格が必要な医療系難関資格でなくても就職や転職に有利になる医療系資格はたくさんあります。
特に女性の場合には、結婚や妊娠・出産とライフプランの変更が男性よりも起こりやすく退職後落ち着いたときに再就職先を見つけることは難しいのです。全国どこにいっても需要がある資格やスキルを磨いておくことによって再就職の心配を軽減することができます。
資格の取得は自分をアピールするための有効手段として活用することができますし、同じ仕事であっても職場の同僚に差をつけることも可能になります。同じ業務を行ったことがある場合ではスキル+資格によって優遇採用される場合もあります。

人気の医療系資格・ベスト3

no.1

医療現場での事務のスペシャリスト「医療事務」

医療事務は病院や診療所にて事務全般を行います。
・診察券の受付や診療後の医療費の計算を行う患者さんとの対応を行う窓口業務
・レセプト業務と呼ばれる診療費を保険組合などに請求する書類の作成
などの業務を行います。医療事務には資格がなくても働くことができますが、就職や転職活動など仕事を探しているときには未経験であっても有資格者の方が優位に働くことが期待できます。医療事務の資格は最短では1ヶ月~取得が可能で、比較的難易度も低めなのが人気の理由に挙げられます。

no.2

薬局のスペシャリスト「調剤事務」

医療事務とは異なる事務系の仕事として、調剤事務があります。医療事務との違いは勤務する医療機関であり、医療事務は病院や診療所、調剤事務は薬局になります。いずれも診療報酬や運営が異なる独立した医療機関であるため、異なる業種として扱われます。
調剤事務の事務作業は各保険組合などに請求を行うレセプト作成が中心です。調剤薬局の資格はレセプトの計算といった専門知識が必要ですが、学習範囲が限定しているため難易度が比較的低く取得しやすい資格です。

no.3

歯科医師のアシスタント「歯科助手」

歯科助手は歯科医師のアシスタントとして医師に器具の準備や器具出し、ライトの調整など診療介助として歯科医には欠かすことができない存在です。受付や会計、緊張している患者さんへの声掛けなど患者さんとの関わることが多い仕事で専門知識だけでなくコミュニケーション能力も求められます。
国家資格が必要な歯科衛生士とは異なり、歯科助手で働くときには資格は必須条件ではありませんが歯科医療に関わる専門用語や知識が必要となるため、歯科助手の資格を取得してから働く人が多いです。

[PR]

心理学の講座を受けて資格を取ろう
転職を考えているなら注目!

心理カウンセラー資格を取っておこう
楽しく学べるカリキュラム♪

医療現場で働きたいなら専門学校に通おう
必要な技術を徹底指導!

看護学校の情報を豊富に紹介☆
進学先を見つけよう♪

合わせて読みたい記事一覧

勉学

心理学を学ぶ理由

心理学は医療の現場で活躍するだけでなく、違う分野の仕事やプライベート活用することができます。大学や大学院の心理学部にてさまざまな分野の心理学を学ぶことができますが、専門学校や民間スクールにて心理カウンセラーに関することを学ぶことも可能です。

READ MORE

[PR]

広告募集中